最近のお仕事

産婦人科のパンフレットをデザインしました。
デザイン以外にも構成や印刷も含めたすべての
ディレクションを担当しています。

IMG_0474

IMG_0475

IMG_0473

etsu designではホームページと連携した
名刺やパンフレットのデザインも承っています。
お気軽にお問い合わせ、ご相談くださいませ。

ラ・ラ・ランド

ララランド

夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス。
映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指していたが、
何度オーディションを受けても落ちてばかり。
ある日、ミアは場末の店で、あるピアニストの演奏に魅せられる。
彼の名はセブ(セバスチャン)、
いつか自分の店を持ち、大好きなジャズを思う存分演奏したいと願っていた。

やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合う。
しかし、セブが店の資金作りのために入ったバンドが成功したことから、
二人の心はすれ違いはじめる……。
『ラ・ラ・ランド』公式サイトより

とまあ、ストーリーはよくある話なのだけど
いざ怒涛のIMAXスクリーンで見たら、いろいろとすごい映画でした。
音楽がとても良く、ストーリーや映像や表情と一緒に輝いているシーンがてんこ盛り。
一部のお客さんが気持ち悪いと言っていた、おもしろいカメラの動きも好きでした。

ララランド(LA LA LAND)とは、
「陶酔境、恍惚、我を忘れた境地」「ハリウッド、ロサンゼルス」
を表すそうです。

in LA LA LANDで
「ボーッと」「自分の世界に入っている」の意味にもなるそうで、
私はこちらの方がしっくりくるかも。

映画が終わり、席を立つ人たちの感想を聞きながら、
見る人によって、いろんな感じ方があるなと思った映画でした。
手に入った夢はもう、自分のそばにある現実だけど
手に入らぬ夢には、素敵な事だけが溢れているのを
どう思い、どう行動するか、その時の自分にしか決められないんだろうな。
そしてミア役のエマ・ストーンは毛が短いチワワに似ている。

装丁とは

村上春樹「騎士団長殺し」

IMG_0408

この方の本はHP的な何かが序盤で燃え尽きてしまうので、
ちゃんと読んだことがない。

IMG_0405

しかしこの装丁。すごく気になる。
タイトルロゴは素敵だけど、それ以外の
wordアートみたいなテキストが
絶妙にバランスがおかしくウザい。

デザインの意図は読んだらわかるのだろうか。
なら読んでみようかな、と本屋でパラリとめくった
目次で私のHPが尽きました。

まだ早かった。